スポンサードリンク

不妊 治療の医療費 控除は、他の医療費 控除と同様だ

不妊 治療の医療費 控除は、他の医療費 控除と、原則的には、同様と考えていい。不妊 治療も含めた医療費 控除の場合は、不妊治療 助成金との兼ね合いだけに、特別な注意がいるだけである。不妊治療 助成金については、別にまとめているので、ここでは詳しくは書かない。さて、最初に、不妊 治療 助成金をもらっていないケースについてまとめておこう。不妊 治療も含めた医療費 控除を受けるには条件がある。まず不妊 治療を含めた医療費の年間合計が、10万円以上または、所得の5%以上であることだ。不妊 治療も含めた医療費 控除で良く間違われるのは、不妊 治療も含めた医療費 控除をしたからといって、不妊 治療も含めた医療費が全額戻ってくるわけではない。不妊 治療も含めた医療費 控除は、所得税の一部が戻ってくるので注意したい。だから、極端な話、所得税を払っていないなら、不妊 治療も含めた医療費 控除をしても、所得税は戻ってこない。そもそも、不妊 治療も含めたの医療費 控除で、戻すべき所得税がないのだから。不妊 治療も含めた医療費 控除には、上限が決められている。無制限に、不妊 治療も含めた医療費 控除が受けられるわけではない。不妊 治療も含めた医療費 控除の対象額の上限は年間200万円となっている。仮に、不妊 治療も含めた医療費が年間200万円を越しても、越した分は控除の対象にならない。個人的には、不妊治療の助成や控除はもっと手厚くしてもいいと思うのだが、政策批判、制度批判が主旨じゃない。が現実の制度を最大限使う努力はしたい。
スポンサードリンク

不妊 治療の医療費 控除と不妊 治療 助成金

不妊 治療の医療費 控除は、税務署が所管しているが、不妊 治療 助成金は、自治体が行っている。
不妊 治療をする場合、まず、助成金をできるだけ申請し、利用するように注意しよう。不妊 治療も含めた医療費 控除をしたからといって、不妊 治療も含めた医療費が全額戻ってくるわけではない。不妊 治療も含めた医療費 控除は、所得税の一部が戻ってくるだけだ。しかし不妊 治療 助成金は、その助成金の金額が、しっかりもらえるのだ。
不妊 治療も含めた医療費 控除の際は、不妊 治療も含めた年間の医療費から、不妊 治療 助成金でもらった金額を差し引く。
その金額が、通常の医療費 控除と同様に、10万円以上または、所得の5%以上であれば、不妊 治療も含めた年間の医療費から、不妊 治療 助成金でもらった金額を差し引いた分について、不妊 治療も含めた医療費 控除ができる。
おそらくだが、不妊 治療 助成金をもらっても、不妊 治療の医療費で必要になるお金を考えれば、大半の人が、不妊 治療も含めた医療費 控除を確定申告できるだろう。
領収書などしっかり保存し、交通機関の利用のメモなども準備して、不妊 治療も含めた医療費 控除を行ってほしい。
医療費 控除 一般だが、公共交通機関の交通費は控除される。タクシーは、足の怪我など歩行に支障がなければ、医療費 控除の対象にならないので注意してほしい。
自家用車の場合は、ガソリン代は例を聞いたことがないが、病院の近くの駐車場代は、医療費 控除として認められた例があるという。
ダメモトで、医療費 控除の確定申告に含む価値があるので、領収書はとにかく、保存するように注意しよう。

不妊 治療の医療費 控除は、もらう、ではなく還付

不妊 治療などの医療費 控除を確定申告ですると、お金が振り込まれるが、これは、もらう・・ではない。還付されるのだ。

不妊 治療の医療費 控除は、原則として確定申告の期間、毎年2月16日から3月15日に確申告をするのだが、確定申告をする義務がない人の場合は、不妊 治療の医療費 控除のため、還付申告だけなら、確定申告期間の1ヶ月前ごろでも、受け付けてもらうことができる。不妊 治療の医療費 控除の確定申告は、3月になると税務署は非常に混雑する。
払うためではなく、還付してもらうためなのだ。早いうちに、混まないうちに、不妊 治療の医療費 控除の確定申告を済ませてしまおう。
しかも、不妊 治療の医療費 控除の還付金は、確定申告をして、1ヶ月くらいで、指定口座に振込まれてくる。
不妊 治療の医療費 控除の確定申告は、行けるものなら、早くいったほうがいいと思う。

というか、お願い早めに行ってw後になると自営業の人とか、けっこうたくさん、くるからさw


控除申告について俺が税理士に言われたこと

医療費控除や、不妊治療申請など、控除に関する申告について税理士に言われたことがあるので、参考までに書いておこう。

もし、確定申告や、普段の帳簿などを、税理士さんに相談している人に限定される話だが、とにかく領収書は全部、あらゆるものを取っておけと、俺は、税理士に言われたw

それが、経費や控除の対象になるかならないかの判断は、税理士である自分がするから、と。違法な申告や脱税をするわけではなく、きちんと制度を利用して、正々堂々とかかった経費、費用を控除するようにもっていけばいいのだ、と。

まあ、これは、サラリーマンで、普段税理士さんとか頼んでいない人には、使えない方法だけども、まあ、ダメモトで、いろいろやってみるのは、いいと思うけどな。